クレンジングがスキンケアの基本!あなたは本当に出来ていますか!?

クレンジングがスキンケアの基本!あなたは本当に出来ていますか!?

今日は、クレンジングの基本について書いていきます。クレンジングは、スキンケアの基本です!もちろん、毛穴に対しても同じことが言えますのでご覧ください。

クレンジングのコツは“素早く丁寧に”

クレンジングはどのようなタイプのものを使うにせよ、肌に刺激を与えてしまいます。そのためクレンジング剤をつけてゴシゴシとこするのではなく、指で優しくなじませ、メイクを浮かせて落とすことが大切です。

しかし「丁寧に」と思ってゆっくり時間をかけすぎてはいけません。肌への刺激を最小限に抑えるためには、すすぎまでを含め約1分以内でメイクを落としきることが大切です。

このように、意外と忘れがちな基本。ここでは改めて正しいクレンジングの方法をおさらいしておきましょう。

ポイントメイクは先に落としておく

しっかりと肌に密着したアイメイクやリップメイクは、顔全体のクレンジングの前に専用リムーバーで落としておきます。

特にアイメイクはウォータープルーフのアイライナーや重ね付したマスカラなどで落としづらいので、顔全体のクレンジングではメイクを落としきれません。

専用リムーバーを染みこませたコットンをまぶたやまつげの上にのせて馴染ませ、メイクを浮かせます。そして優しくコットンを滑らせてメイクを拭き取りましょう。リップメイクも同様です。

クレンジング剤の使い方

ポイントメイクを落としたら、次は顔全体のクレンジングです。クレンジング剤は肌に優しいものではないのですが、だからといって少ない量でメイクを落とそうとすると摩擦が大きくなって逆に肌を傷めてしまいます。

パッケージに書かれている使用量を守ってください。なお、指の腹などで少し温めてから顔に使用すると、メイクが落ちやすくなります。

優しく馴染ませる

クレンジング剤は、顔の中でも比較的皮膚の強いTゾーンからのせていきます。そこから頬などのUゾーン、小鼻など、全体に伸ばしていきます。

伸ばす際は力を入れすぎず、指先を滑らせるように優しく動かしてください。ゴシゴシとこすってしまうと、肌表面に傷がついてしまいます。

すすぎはしっかりと

顔全体にクレンジング剤が馴染んだら、たっぷりの水ですすぎます。肌にクレンジング剤が残らないよう、20回以上すすぐと良いです。

すすぎが不十分だと肌にメイク汚れとクレンジング剤が残ってしまいます。すると肌に悪い刺激が残ってしまうほか、洗顔後のスキンケアも浸透しなくなってしまいます。肌トラブルを防ぐためにも、しっかりとすすぎましょう。

以上が、クレンジングの基本です。参考になれば幸いです^^