毛穴の角栓が大きくなる原因と予防方法とは!?

毛穴の角栓が大きくなる原因と予防方法とは!?

毛穴の角栓が大きくなる原因と予防方法とは!?

鼻などにポツポツできる、白い物体。見てるととても気になってしまうコイツこそが、角栓です。美肌になりたいなら、角栓は絶対になくしたいですよね。

でも、そもそも角栓とは何なのでしょうか。この記事では、角栓の正体や角栓をなくす方法などをまとめてみました。角栓が気になっている方は、ぜひ参考にしてください。

角栓とは

角栓は指で押しだすとニュルっと取れることから、皮脂だと思っている方も多いようです。しかし正しくは、「皮脂と古くなった角質(タンパク質)が混ざったもの」なのです。皮脂というよりはタンパク質に近く、角栓の70%を占めているのがタンパク質です。

角栓の役割

角栓には何となく嫌なイメージがあると思いますが、実は完全な悪者ではありません。角栓があることで、毛穴から細菌が侵入するのを防ぐことができるのです。

そして古くなってくると、ターンオーバーにあわせて自然と取れていきます。つまり本来、角栓はあっても何の問題もないのです。

しかし、何らかの原因で角栓が大きくなりすぎてしまうことがあります。こうなると角栓が毛穴を塞いでしまい、肌トラブルを起こしてしまいます。

角栓が大きくなる原因

もともと人間の肌は、角質層にある水分を蒸発させないために、皮脂と汗を分泌して皮脂膜というヴェールのようなものを作ります。

この皮脂膜を作るための皮脂は、毛穴の奥の皮脂腺というところから分泌されます。そこで過剰に皮脂が分泌されてしまうと、毛穴の中に皮脂が溜まり角栓が大きくなります。

過剰に皮脂が分泌されてしまうのには、下記の3つの原因があります。

①ターンオーバーの乱れ

通常、人間の肌は約4週間かけて新しく生まれ変わります。

ですが、生活習慣の乱れやホルモンバランスの変化などにおってこの約4週間というペースが乱れると、古い角質が剥がれ落ちずに肌に残り続けてしまいます。

皮脂も排出されず、毛穴にどんどん溜まっていき、大きな角栓を作ってしまうのです。

②乾燥

乾燥すると、肌は毛穴から皮脂を分泌して潤いを守ろうとします。しかし肌が乾燥していると毛穴の伸縮性が悪くなります。毛穴から皮脂を出そうとしているのに、毛穴からうまく皮脂が出なくなってどんどん溜まっていく…これがまた角栓を大きくしてしまうのです。

③化粧汚れ

毎日化粧をしていると、どうしてもファンデーションなどが毛穴に蓄積してしまいます。きちんとクレンジングで落とせていれば問題ないのですが、普通のクレンジングではなかなか難しいことも。

毛穴にたまったメイク汚れ、古い角質、皮脂、ホコリなどが混ざり合うと、角栓になってしまいます。

角栓を放置すると肌荒れの原因に

角質を除去しないままでいると、ニキビや吹き出物の原因になってしまうほか、角栓が酸化することによって黒ずみの原因にもなってしまいます。

ですが、角栓はなかなか除去することが難しいのです。「角栓がとれる」と謳ったクレンジング剤なども販売されていますが、角栓は皮脂とタンパク質でできているので、油汚れを落とすクレンジング剤だけでは除去することができません。

角栓を予防する方法

角栓を除去するためには、まず毛穴を開かせることが必須です。入浴や蒸しタオルで肌を温めて、毛穴を開かせましょう。

定期的に毛穴を開かせると、きちんと皮脂や古い角質が排出されるので、角栓ができるのを防げます。

また、肌に優しいクレンジング剤でしっかりメイクを落とすことが大切です。ある程度の硬さがありつつ肌に優しい、ゲルタイプのクレンジング剤を使ってクレンジングを行いましょう。

おすすめのゲルクレンジングは、コチラ!

(こちらのサイトを参考に、使うようになったゲルクレンジングです。)

クレンジングがスキンケアの基本!あなたは本当に出来ていますか!?

クレンジングがスキンケアの基本!あなたは本当に出来ていますか!?

今日は、クレンジングの基本について書いていきます。クレンジングは、スキンケアの基本です!もちろん、毛穴に対しても同じことが言えますのでご覧ください。

クレンジングのコツは“素早く丁寧に”

クレンジングはどのようなタイプのものを使うにせよ、肌に刺激を与えてしまいます。そのためクレンジング剤をつけてゴシゴシとこするのではなく、指で優しくなじませ、メイクを浮かせて落とすことが大切です。

しかし「丁寧に」と思ってゆっくり時間をかけすぎてはいけません。肌への刺激を最小限に抑えるためには、すすぎまでを含め約1分以内でメイクを落としきることが大切です。

このように、意外と忘れがちな基本。ここでは改めて正しいクレンジングの方法をおさらいしておきましょう。

ポイントメイクは先に落としておく

しっかりと肌に密着したアイメイクやリップメイクは、顔全体のクレンジングの前に専用リムーバーで落としておきます。

特にアイメイクはウォータープルーフのアイライナーや重ね付したマスカラなどで落としづらいので、顔全体のクレンジングではメイクを落としきれません。

専用リムーバーを染みこませたコットンをまぶたやまつげの上にのせて馴染ませ、メイクを浮かせます。そして優しくコットンを滑らせてメイクを拭き取りましょう。リップメイクも同様です。

クレンジング剤の使い方

ポイントメイクを落としたら、次は顔全体のクレンジングです。クレンジング剤は肌に優しいものではないのですが、だからといって少ない量でメイクを落とそうとすると摩擦が大きくなって逆に肌を傷めてしまいます。

パッケージに書かれている使用量を守ってください。なお、指の腹などで少し温めてから顔に使用すると、メイクが落ちやすくなります。

優しく馴染ませる

クレンジング剤は、顔の中でも比較的皮膚の強いTゾーンからのせていきます。そこから頬などのUゾーン、小鼻など、全体に伸ばしていきます。

伸ばす際は力を入れすぎず、指先を滑らせるように優しく動かしてください。ゴシゴシとこすってしまうと、肌表面に傷がついてしまいます。

すすぎはしっかりと

顔全体にクレンジング剤が馴染んだら、たっぷりの水ですすぎます。肌にクレンジング剤が残らないよう、20回以上すすぐと良いです。

すすぎが不十分だと肌にメイク汚れとクレンジング剤が残ってしまいます。すると肌に悪い刺激が残ってしまうほか、洗顔後のスキンケアも浸透しなくなってしまいます。肌トラブルを防ぐためにも、しっかりとすすぎましょう。

以上が、クレンジングの基本です。参考になれば幸いです^^

肌の黒ずみを薄くしたい!簡単に取る方法と予防法とは?

肌の黒ずみを薄くしたい!簡単に取る方法と予防法ってなに?

今日は、お肌の黒ずみを簡単に取る方法と予防法について書いていきます。

黒ずみ汚れをケアする方法

角栓や汚れが詰まりやすい小鼻やTゾーンは、丁寧に洗顔を行う必要があります。角栓の黒ずみが気になるからといって、指で角栓を押し出したり、ゴシゴシと肌をこすったりしてはいけません。

逆に肌を傷つけることになってしまいます。一番良いのは毛穴汚れをさっぱり取り除く「ホットタオルクレンジング」です。

■ホットタオルクレンジングのやり方

いつものクレンジングにプラスするだけの簡単ケア。厚みのあるタオルと、オイルタイプのクレンジングを使って行います。

手順

  1. タオルを折りたたんで、洗面器に入る大きさにする
  2. 少し熱めのお湯を洗面器に注ぎ、そこにタオルを浸す
  3. オイルタイプのクレンジングで、いつも通りにメイクを落とす
  4. 水気をきったタオルを口元~ほおにあて、手で軽く抑える
  5. タオルをひっくり返してきれいな面を目元にあてる
  6. 顔をすすいで洗顔をする

たったこれだけですが、タオルの温かさと蒸気で毛穴に詰まった汚れが落としやすくなります。じんわりとした温かさが気持ちいいので、心もリラックスします。

皮脂や黒ずみ汚れを予防する方法

そもそも黒ずみができるのを予防しておくことも大切です。黒ずみ汚れは皮脂や古い角栓が毛穴に詰まって酸化することで発生します。

そのため毎日の洗顔で余分な皮脂や汚れを取り除いておくことが基本となります。

しかし過剰な洗顔は、皮脂汚れだけでなく肌に本来必要なうるおいまで洗い流してしまうことがあります。

すると角質層のバリア機能が壊れて、かえって皮脂の過剰分泌させることになってしまいます。そのため、洗顔は必要な時だけ、優しく行なうようにしてください。

また、ビタミンB2、ビタミンB6が多く含まれる食べ物を摂取することも、皮脂の分泌を抑えるために有効です。ビタミンB2、ビタミンB6はレバーやバナナに多く含まれるので、美肌のために食べてみてはいかがでしょうか。

参考になれば幸いです^^